あなたの憧れを現実にするメイクレッスン YOUABI
あなたの憧れを現実にするメイクレッスン YOUABI

ファンデーションの種類がたくさんあって、何を使ったらいいか分かりません

「ファンデーションの種類がたくさんあって、何を使ったらいいか分かりません。」

セルフメイクアップ初心者さんから、このようなお声をたびたびお聞きします。
どれをどう使ったらよいのか、迷ってしまいますよね・・・。



【用途に応じて決める】



一般的には上記した



パウダリーファンデーション



リキッドファンデーションのほか、



*クリームファンデーション


*BBクリーム


*CCクリーム


*スティックファンデーション


*ケークファンデーション


*クッションファンデーション



が挙げられます。





クリームファンデーションは、カバー力、保湿力が高く、30代以上で、シミ、毛穴、乾燥が気になる人は、このタイプの使用もおすすめです。


また、BBクリームやCCクリームも手軽さゆえに人気があります。


BBクリームは『ブレミッシュ(痛んだ肌)バルム(修復する)』の略称で、もともと肌の炎症を抑え、赤みをカバーするクリームとして用いられていました。


しかしながら、現在は、そのような効果のある成分が入っていなくてもBBクリームと呼ばれています。基本的には、色味の展開が少ないため、自分の肌の色にしっかり合っていないと、仮面のように顔と首の色がはっきりと分かれてしまいます。


スティックファンデーション、ケークファンデーションは、塗り方に気をつけないと、少しの量でかなり厚みがでて、老けた印象になりかねません。少しコツがいりますが、慣れれば、かなり手軽にベースメイクを仕上げられます。


【美しい仕上がりを目指すにはアイテムよりテクニックの習得を】



自然で美しく仕上げるにはアイテム選びも重要ですが、コツを押さえることと基本的なテクニックを身につけることが大切です。どんなアイテムを使用しても、厚化粧になったり、薄すぎてすぐにはげたりしてしまう恐れがあるからです。


私自身、さまざまなタイプのファンデーションを使用した経験から、リキッドファンデーションが仕上がり、扱いやすさ、化粧持ちの面で良いと感じています。



そこで、ファンデーション選びに迷っている人は、


*自分の肌に合う色を見極められるようにすること、


*アイテムを選んだら自然に仕上げるテクニックを身につけること


この2点を意識してみましょう。